テロップシステム「TFX-Artist」新バージョン & Premiereプラグイン発表会(2018.3.8)

2018年02月15日
~本イベントは終了しました。~
テロップシステム「TFX-Artist」新バージョン & Premiereプラグイン発表会(2018.3.8)

2018年春発売予定の「TFX-Artist」新バージョンの新機能と、 Adobe Premiereプラグイン をご紹介します。

2018年3月8日(木)、フォトロン本社にて、お客様のニーズに応えて進化する国産・自社開発のテロップシステム「TFX-Artist」の新バージョンVer2.1、Adobe Premiereプラグインの発表会を開催します。
本セミナーでは、2018年春の新バージョン発売に先駆けて、お客様の要望を取り入れて進化した数々の新機能や、Adobe Premiereプラグインを実機デモンストレーションをまじえてご紹介いたします。また、TFX-Artist導入企業「東京サウンド・プロダクション」様による、導入から運用までのユーザー講演も予定しております。
そのほか、新アプリ「TFXモバイル(仮称)」のご紹介も予定しております。

ぜひ皆様お誘いあわせのうえ、お申込みください。

テロップシステム「TFX-Artist」
新バージョン & Premiereプラグイン発表会
開催概要

日時
2018年3月8日(木)
15:00-17:00
(14:30受付開始)
会場
株式会社フォトロン 本社
参加費
無料(要事前申込)
定員

50名様

  • ※ 同業他社様のご参加をお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
アジェンダ
  • TFX-Artist ver2.1 新機能のご紹介
  • TFX Plugin for Adobe Premiere ご紹介
  • 新アプリ「TFXモバイル(仮称)」 ご紹介
  • ユーザー講演
    株式会社 東京サウンド・プロダクション
    エディター 若山 友信 氏

TFX-Artist 新バージョンVer.2.1
新機能のご紹介

テロップシステム「TFX-Artist」新バージョン & Premiereプラグイン発表会でご紹介予定の新機能の一部をご紹介いたします。会場ではさらに詳しい内容を実機でご覧いただけます。

全体拡縮モード

複数レイヤーの相対位置を維持したままサイズの変更をおこなえるモードを追加しました。個々のレイヤーごとにサイズ変更する必要がないので、それぞれの相対位置を変更することなく、スムーズに大きさを変更できます。

全体拡縮モード

セーフティライン フィット機能

セーフティラインに対して、レイヤーの大きさをひとつのコマンドで調整できるようになりました。
「WidthFit(フォント幅の拡縮)」または「SizeFit(等比拡縮)」を選択するだけで、一発で調整が可能。サイズ調整やカーニングの手間が大幅に削減します。

セーフティライン フィット機能

グラフィックの解像度変換

グラフィックの解像度変換(スクリーンサイズの変換)が可能になりました。
HD ⇔ 4K UHDの解像度変換がおこなえるため、解像度に合わせたテロップを作り直す作業を削減できます。

お問合わせはこちら

TEL 03-3518-6273
E-mail sales@photron.co.jp

営業時間 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み