2018年4月号
視聴者参加型CMにおける EVSデータ連動ケーススタディ

今号のEVSニュースレターでは、テレビ朝日様で実施された視聴者参加型CM(スマホゲーム:ChuChuコーヒーバトル)におけるEVSデータ連動ケーススタディや、米国ラスベガスで開催されるNAB Show 2018 最新情報、セミナー開催情報などをお届けします。

ケーススタディ|視聴者参加型CMにおけるEVSデータ連動

2018年1月17日、テレビ朝日様で視聴者参加型CMが放送され、画期的なCMプロモーションとして注目されました。
同日午後7時オンエアーのバラエティ番組「くりぃむクイズミラクル9スペシャル」の中で放送されたこの視聴者参加型CMは、スマホゲームに参加した視聴者の得点総数に連動するもので、ゲームに参加した視聴者には、抽選でセブンカフェ無料クーポンを配布するという画期的なものでした。
地上波デジタル放送のリモコンプラットフォームではなく、特設スマホサイトのゲーム得点を集計。その得点数に応じて、「高田純次チーム(下図左側)」「でんぱ組.incチーム(下図右側)」のコーヒーの減少速度を調整し、早くコーヒーを飲み切ったチームが勝利するというゲーム内容で、大きな反響がありました。

EVSケーススタディ 実際に放送されたCM映像(画像提供:テレビ朝日様)

実際に放送されたCM映像
(画像提供:テレビ朝日様)

「高田純次チーム」「でんぱ組.incチーム」2チーム分のコーヒーが減っていく「フィル+キー」クリップをEVSサーバ 「XT3」にスタンバイしておき、テレビ朝日様のWEBサーバにリアルタイムにアップデートされる視聴者のスマホゲーム得点数を記録したCSVファイルを「テレビ朝日様/フォトロン 新規開発システム」に読み込み、ゲームの得点数に連動して各チームのコーヒービデオクリップのEVSサーバー再生速度を制御します。
オンエアーでは、2チームのコーヒー映像を本編映像(高田純次チーム/でんぱ組.incチームの映像)に合成します。「テレビ朝日様/フォトロン 新規開発システム」にはスケジュール機能が搭載されており、高田純次さんがトーク中のタイミングや、でんぱ組.incのメンバーが入れ替わっている時などには、コーヒーのビデオクリップが一時停止されます。また、ゲームの得点数が勝っているチームのコーヒーが早く減り、最後にはちょうど無くなる制御も施し、オンエアーは完成度の高い演出となりました。

EVSケーススタディ データ連動の仕組み

データ連動の仕組み

視聴者は、スマホのタップにより、自分が参加したチームのコーヒーを飲む速度が変わっているようなライブ感を味わえ、視聴者参加型CMに相応しい演出が実現しました。CM放送後には、視聴者がセブンカフェクーポンを引き換えにセブンイレブン店舗に実際に足を運び、リアルな消費者行動につながる次世代プロモーション手法となりました。

イベント

NAB Show 2018
EVS出展内容

2018年4月24日~27日に開催される「NAB Show 2018(NAB2018)」に、今年もフォトロンスタッフが参加します。
EVSブースでは、HD/4K、12G-SDI、IP対応となる次世代サーバの発表や、A.I.テクノロジーをマルチアングル映像と融合した先端プロダクト、スタジアム演出やeSports までライブプロダクションに関する幅広い製品をご紹介する『日本語ツアー』も開催予定です。参加をご希望のお客様は、お問い合わせください。

日時(現地時間)

Conference 2018年4月7日~12日
Exhibits 2018年4月9日~12日

会場
アメリカ ネバダ州 ラスベガス ラスベガスコンベンションセンター
公式サイト
EVSブース

EVSブースのみどころ

NAB Show 2018 EVSブースでは、昨今キーワードとなっているHD/4K、12G-SDI、IP対応となる次世代サーバの発表や、A.I.テクノロジーをマルチアングル映像と融合した先端プロダクト、スタジアム演出やeSports までライブプロダクションに関する幅広い製品をご紹介します。弊社スタッフによる日本語ブースツアー参加をご希望のお客様は、お問い合わせください。

次世代 EVSサーバ発表

現在リリースされている「XT4K」に続くハイエンドサーバモデル XTシリーズの次世代モデルを世界初発表/展示します。1.5G,3G-SDIはもちろん、12G-SDI対応、VoIP(SMPTE2110) も対応することで業界標準のインターフェイスをすべて搭載します。HD,4Kなど解像度を問わないライブプロダクションとして新たなテクノロジーを提供します。

次世代 EVSサーバ発表
A.I.のライブ活用

ビデオ判定システムとしてリリースしている「Xeebra」サーバに A.I.機能を搭載したモデルを展示、デモをご覧いただきます。ビデオ判定用として提供されたビデオフィードからオフサイドなどの競技の結果を左右する重大なジャッジをサポートすべくA.I.を利用した未来のビデオ判定を提案します。

A.I.のライブ活用
ライブプロダクションテクノロジーを拡張

中継映像制作などで活躍しているEVSのこれまでのノウハウを、スタジアム演出やeSportsといった新たなジャンルに活用すべく、各ワークフローのデモをEVSブースで実施します。スポーツ中継だけではない、新たなEVSの活用方法をご覧ください。

SDI から VoIP へ

EVSでは独自のフォーマットに縛られないオープンなプラットフォームとしてIP技術への対応を進めています。海外事例として全てVoIPで構築した事例なども増えてきており、ベースバンドと同等以上の制作環境が提供できる点に注目が集まっています。

EVSが実現するVoIPワークフローセミナー(仮称)

フォトロンでは、実際にIPテクノロジーを利用したワークフローでライブプロダクションをおこなっている海外スピーカーを招待し、来たるIPワークフロー時代にどのように移行すべきか、また、導入後の生の声をご紹介するセミナー『EVSが実現するVoIPワークフローセミナー(仮称)』を2018年6月ごろに開催予定です。

詳細が決まり次第、あらためてご案内しますので、ぜひご期待ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン YouTube公式チャンネル