東芝機械株式会社 様

スマホ世代に向けた技能伝承のビデオマニュアルをビデオ編集未経験者が短時間で制作

1938年(昭和13年)に芝浦工作機械として創業。
沼津工場は1942年に中型精密工作機械の生産工場として開設。 現在は、射出成形機、ダイカストマシン、押出成形機、工作機械、超精密加工機、ガラス成形装置、産業用ロボット、電子制御装置、鋳物などの製造・販売メーカー。
今回、iPhone/iPad 映像制作・編集アプリ <Photron-Mobile Video Creator> を導入した材料加工事業部の鋳造部と機械加工部では、モノづくりの最前線で、ベテラン技術者の技能伝承が命題となっている。

スマホ世代に効率的でスムーズな技能の伝達を模索している同事業部鋳造部 部長の小川 亮輔 氏、その命を受けてビデオ制作に取り組んでいる同部署の齋藤 瞭 氏、同事業部機械加工部の渡邊 未生 氏に <Photron-Mobile Video Creator> について、導入の経緯や操作性、そして活用の可能性について話を聞いた。

熟練者の技能を伝える
ビデオ映像を手軽に制作したい

東芝機械株式会社 材料加工事業部 鋳造部 部長 小川 亮輔 氏

東芝機械株式会社
材料加工事業部 鋳造部 部長 /
鋳造技術担当 グループマネージャー
小川 亮輔 氏

東芝機械株式会社 材料加工事業部 鋳造部 鋳造課 齋藤 瞭 氏

東芝機械株式会社
材料加工事業部 鋳造部 鋳造課
齋藤 瞭 氏

東芝機械株式会社 材料加工事業部 機械加工部 生産技術担当 渡邊 未生 氏

東芝機械株式会社
材料加工事業部 機械加工部 生産技術担当
渡邊 未生 氏

材料加工事業部には約200名が所属し、そのうち約150名がモノづくりに携わる。
そのモノづくりの最前線にいた小川氏は、従来の手順書やOJTによる技能伝承に限界を感じ、時代に合った手法を模索していた。

『従業員の教育革新に関するテーマのセミナーを受講した時に"これからはビデオを使った教育が非常に有効である"という内容に衝撃を受けました。すぐに実践すべく、家庭用ビデオカメラとホームビデオ編集ソフトを用意し、受講した方法に習って3分間の「下型突き固め作業」というビデオ標準(ビデオマニュアル)を制作しました。
当時、同僚の課長職数人に視聴を依頼すると、理解しやすいので現場でビデオを活用すべきだ、と好評でした。ただ、初めてのビデオ制作は映像の取り込みや編集作業にとても時間がかかり、現場で実用化するには知識や設備においてハードルが高いと考えていました。』 ビデオ制作を手軽で誰もが簡単にできる手法はないかと東京ビックサイトの展示会場を回っていた時に、iPhone/iPad 映像制作・編集アプリ〈Photron-Mobile Video Creator〉に出会う。2017年12月には小川氏、齋藤氏、渡邊氏を含めた4名はフォトロン本社で使い方研修を半日(3時間)受講する。

『iPadで実習をしながら"これはいける"という確信を得ました。
確かにPCのビデオ編集ソフトと比べれば機能的に制限される部分はあります。でも、それを上回る使いやすさとビデオ編集の経験がなくても直感的にビデオ制作ができる。iPad 1台だけで撮影と編集が完結するのは大きなメリットでした(小川氏)。

研修で教えてもらった操作に難しいというところはありませんでしたから、簡単なんだという実感がありました(渡邊氏)。

PCのビデオ編集ソフトでは3分間のビデオ制作に2日ぐらい要していましたが、 <Photron-Mobile Video Creator> なら3時間で制作できました(斎藤氏)。』

導入後4ヵ月の間に10本、15本と
ビデオマニュアルを制作

絵コンテを作り込んでからビデオ標準を作成

絵コンテを作り込んでから
ビデオ標準を作成

2011年から2017年まで鋳造課の課長職にいた小川氏。
配属時はベテラン従業員が一挙に退職して新人に入れ替わった直後で、技能レベルが上がらない、生産性が上がらない、安全性のリスクが高い等々、問題山積の状況にあった。
『標準書を読む、OJTで教えるといった従来の方法では、スピーディで質の高い技能の伝承は容易ではありません。なぜかと言うと、先輩に言われたことを若手が理解できない、つまり聞く側が言葉をイメージ化できないんです。それに比べてビデオ映像なら、理解がとても容易になります。

また、事前および事後に作業の手順やポイントを映像で見られるわけですから、技能の習得がとても効率的です。
実は、それぞれに通常業務があります。その仕事のかたわらでのビデオ制作ですから、負担なく作れるツールがあるというのは重要なことです。』
斎藤氏、渡邊氏ともにPC等によるビデオ編集の経験はなかったが、 <Photron-Mobile Video Creator> を導入してから4ヵ月の時点で、齋藤氏が15本の鋳造に関するビデオ標準を制作。渡邊氏は10本の加工完了部品検査に関するビデオマニュアルと、ビデオ作りのための社内マニュアル(PPT)を制作している。

高いレベルのQCDを実現して
生産性を向上するためのツール

 
完成したビデオ標準の画面キャプチャー

完成したビデオ標準の画面キャプチャー

『現在、生産の現場ではISOによって多くの文書管理が求められています。
そうした書類の理解度を高めるために、ビデオを活用したいとも思っています。最適なのは設備のマニュアルです。生産ラインでトラブルが発生して停止した場合には、初動の手順を間違いなく行えることが重要です。

例えば工作機械にQRコードを貼っておき、ラインを再稼働させる際は必ずそのQRコードをタブレットPCやスマートフォンで読み取り、ビデオを再生しながら、同じように機械を操作していけば間違いのない対処が可能になります。速やかに復旧させるための「再稼働ビデオマニュアル」です。
このポイントは、訓練ができない事象の対応です。こうした用途においてビデオマニュアルを制作する意義は大きく、安心して安全な作業が求められるところに活用したいと思います。』

ひとり一人の技能に頼る部分がとても多い鋳造部では、生産性、品質管理、それから安全など、生産現場で必要とされるアウトプットを適切に制作し管理することが課題でもあります。

『私たちは東芝機械の中でモノづくりの最前線にいます。QCD:高品質(Quality)、低コスト(Cost)、納期遵守(Delivery)をハイレベルで実現して生産性を上げていくことが求められている使命。それを実現するために <Photron-Mobile Video Creator> を使い、若手でもベテランと変わらない仕事実現に活用したいと思います。最終的な目標である"少ない人数で効率的に生産する"ことを追求するための重要なツールでもありますね。』

(この記事は2018年5月9日時点の情報です)
東芝機械株式会社

東芝機械株式会社
東芝機械は、日本そして世界の産業から要求される様々な機械を提供する製造・販売メーカー。今回、iPhone/iPad 映像制作・編集アプリ <Photron-Mobile Video Creator> を導入した材料加工事業部の鋳造部と機械加工部は、そのモノづくりの最前線に位置している。

静岡県沼津市大岡2068-3
http://www.toshiba-machine.co.jp/jp/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み